すっぴんにみえるようなメイクが一番難しい

若い時はアイシャドーやマスカラにこっていたけれど、年齢を重ねるごとにだんだんとシンプルになってきました。より素顔っぽいメイク。いかにも塗っています、というのではなくて、本当に塗ってる?みたいな。ファンデーションが綺麗にのって自然で、毛穴も目立たず、ほうれい線に粉がたまっていない。ファンデーションと自然な眉に口紅だけ。口紅はしっかりラインを作っているのではなくて、リップクリームを塗る時みたいに無造作に塗りましたというような感じのメイク。1日何度も化粧崩れを気にして、トイレに行くたびに化粧直しをしなくてはいけないようなメイクではなく、必要最低限だけのシンプルメイク。
だけど現実は、ファンデーションは毛穴に詰まるし、鼻の頭のポツポツも気になる。大笑いした後などは目尻にファンデーションがたまっている。季節の変わり目には肌の調子を崩すし、なかなか最低限シンプルメイクとはいかない。お昼になれば肌のテカリを気にして、化粧直ししたら、逆に筋になってみっともなかったり。
シンプルメイクがどれだけ下地に手間がかかっているか。スキンケアを重視しているか。それを知っているから、小手先だけで簡単に済まそうなんて無理な話だけどね。
「どんな肌質でも簡単に素肌っぽい」そんな魔法のファンデーションが欲しい。あ!あと、「健康そう」に見えること。昨日の疲れを隠してくれるファンデーションだと最高ですね。ほんと、女はいつでも欲張りです。二重方法